KENAIN(ケナイン) 口コミ

あ、KENAIN(ケナイン)を使った男性の口コミ【ツルスベ注意】

効果的な使い方は?

KENAIN(ケナイン)の使い方は、ムダ毛が気になる部分に吹き付けた後、4分から10分放置するだけととても簡単です。放置後は、付属の木べらでKENAIN(ケナイン)を取り除き、残った成分を洗い流すか濡れタオルで拭き取るだけで、除毛が完了します。

 

薄い毛の場合は、4分程度放置して取り除くという使い方が良いでしょう。肌に優しく除毛ができることで人気のKENAIN(ケナイン)ですが、放置時間が長くなりすぎると肌に負担がかかる可能性があります。そのため、毛が濃い人でも10分以内を守って使用することがおすすめです。

 

そして、もうひとつ大切にしておきたいのが残さず除毛成分を取り除くことです。木べらでKENAIN(ケナイン)を取り除いた後は、濡れタオルで拭き取るという方法もありますが、除毛成分が残ってしまうと肌トラブルが起きる可能性があります。

 

肌荒れに不安があるのであれば、最後は洗い流すなど、少しでも肌への負担が少ない使い方を心がけておく方が良いでしょう。

 

KENAIN(ケナイン)の効果を更に高めるために有効な使い方が、しっかりとした量を吹き付けることです。効果の高さで評判のKENAIN(ケナイン)ですが、吹き付ける量が少ないとムラになる可能性が高くなります。ムラになると、ムダ毛が残ってしまう原因となるため、しっかりと肌を覆うように除毛剤を吹き付けていくことが大切です。

 

>> ケナインの詳細はコチラ

 

 

まず知っておきたい!KENAIN(ケナイン)の効果

KENAIN(ケナイン)で期待できる効果は、除毛効果です。除毛とは、生えている毛を取り除いていくもので、脱毛のように毛が全く生えてこない状態にすることはできません。ただ、KENAIN(ケナイン)の場合は毛穴の内側の毛まで取り除くことができるという特徴があります。

 

シェーバーでムダ毛処理をした場合、取り除くことができるのは皮膚の表面に出ている毛のみです。毛穴の中の毛までは取り除くことができないため、綺麗に処理をしても翌日には毛先が気になる状態になることは少なくありません。

 

それに対して、毛穴の中の毛まで取り除くことができるKENAIN(ケナイン)であれば、毛が濃い人でも週に2回程度のケアで綺麗な状態を保てるようになります。

 

更に、KENAIN(ケナイン)は繰り返し処理をすることで、毛自体を細く弱い状態に変えていく効果も期待できる除毛剤です。脱毛のように自己処理が全く必要ない状態に変えることはできませんが、毛が薄くなればケアをする頻度を減らすことができます。

 

そんな除毛は、ケア後すぐに効果を実感できるというメリットもあります。そのため、急いでムダ毛処理をしたい場合にも便利です。そのため、ムダ毛で悩んでいるのであればKENAIN(ケナイン)の利用を考えてみることがおすすめです。

 

>> ケナインの詳細はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る